安来鋼(白鋼、白紙)製 刈込鋏 手打ち

 

盆栽道具の兼進









■剪定鋏

 剪定鋏(兼進作) 右利き用

  剪定鋏(兼進作) 左利き用
 剪定鋏 他社ブランド
 剪定鋏ケース
 剪定鋏バネ


■植木鋏

 植木鋏右利き用
 植木鋏左利き用
 大久保鋏右利き用
  大久保鋏左利き用
 植木鋏、大久保鋏ケース


片手刈り込み鋏

 片手刈込み鋏
 片手刈込み専用ケース


刈り込み鋏


採果鋏、採収鋏
 

芽切鋏(摘果鋏)
 
 小枝摘果鋏(芽切鋏)
 小枝摘果鋏ケース


(のこぎり)

 
 盆栽
 植木剪定
 竹挽き
 工作、仮枠、大工用
 塩ビパイプ、真鍮管等
 替刃

 

■接ぎ木用
 
 接木刀
 接木テープ


■鎌

 
 右用鎌
 左用鎌


■草かき、三角ホー

 
 短柄
 長柄


■備中、鍬(くわ)

 

■鉈(なた)
 

散水ノズル
 
 本体
 替え網


■肥料
 

■園芸用ベルト
 

消毒用噴霧器
 

■ショベル、スコップ

 

■植替用根捌き、熊手
 

砥石

 

刃物椿油、錆落とし、その他手入れ用品


会社概要

特定商取引法に関する表示

個人情報保護ポリシー

返品・交換に関しまして

お問い合わせ

 


8月店舗営業
 
    1 2 3 4

5

6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    


9月店舗営業
 
          1

2

3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お問い合わせのご返信は1日〜2日以内(土、日除く)に必ずしております。もし2日以上経って、ご返信がない場合は何らかの不具合が生じているかもしれません。大変お手数ではございますが、今一度メールをいただくか、お電話にてお問い合わせいただければと思います。
TEL 0575-22-0735
info@kaneshin-engei.net

 

こんにちは!店長の西村 昌詞です。分からないことがあれば、何でも聞いてください。商品のことはもちろん、注文の仕方が分からない等のご質問もお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

TEL 0575-22-0735
info@kaneshin-engei.net

盆栽道具 店長


トップページ > 刈り込み鋏
本職用 手打ち刈込鋏 (兼進作) 白紙 180mm / 全長700mm / 960g No.3452

 


本職(庭師)用の手打ち製 刈り込み鋏です。

日本で昔ながらなの手打ちで作成しております。

素材・・・・白鋼(しろはがね)また、白紙(しろがみ)と呼ばれている素材で作っています。

作成方法・・・付け鋼(つけはがね)

重さ : 960g



*白鋼「白紙(しろがみ)」とは高級鋼の一つで、鋼の中では硬く、より太いものを切る鉈や出刃包丁などに使用されています。
より太い枝を切るにはこの「白鋼」が最適と思います。


それに対して、青鋼(あおはがね)「青紙(あおがみ)」という種類の鋼がございます。

こちらも高級鋼で通常の
鋼より粘りがあり、刃を薄く加工することが出来ます。
そのため、切れ味が良い刃物に仕上がります。


包丁にも青鋼が使われているものがありますがそれは菜切り包丁、刺身包丁など柔らかいものを切る場合に使用されます。


一般的には青鋼がより高級とされていますが用途によって、太いものを切るという目的であれば、白鋼の方が良いと思います。






↓白鋼(白紙)とは安来鋼の一種です。
安来鋼(やすきはがね)は日立金属株式会社の安来工場で生産された鋼で、日本の刃物の多くにこの鋼が使われています。

その鋼は、硬度や成分によって青鋼(青紙)、白鋼(白紙)、黄鋼(黄紙)に分けられます。

詳しくはウィキペディアでご覧になって見て下さい

安来鋼(ウィキペディア)





この刈り込み鋏は 
「付け鋼」という製造方法で作られております。

それに対して、大体安い価格の刈り込み鋏は
「全鋼(ぜんこう)」という製造方法で作られております。





 
地鉄(じがね)に鋼をくっつけて作ります。そして、下の図のように地鉄を削っていて、鋼を外に出します。それをさらに削っていき、鋭利な刃に仕上げていきます。地鉄と鋼と組み合わさることにより、鉄の柔軟性と鋼の硬さが上手くまじわり、より丈夫にそして、切れ味の鋭い鎌に仕上がっていきます。

そして、付け鋼は鉄が混じっているため、
全ての部分を焼きいれが可能になります。

それに大して、
全鋼は刃の先部分しか、焼き入れが出来ません。全て鋼の状態で焼き入れすると硬くなりすぎてしまい、割れてしまいます。そのため、全鋼の場合は刃の先部分しか焼き入れをしません。

焼き入れが出来るということは靭性(粘り強さ)、硬度が増し、長持ちそして、切れ味も持続致します。









 全て鋼(はがね)で作られております。全て鋼の状態ですので工程が少なくすみますのでコストが低く仕上がります。ただ、「付け鋼」の部分で申し上げたように、焼き入れが刃の先しか出来ません。

それにより、全鋼の靭性(ねばり強さ)、硬度が付け鋼のそれよりも劣ります。また、刃を砥いでいくと焼きいれしていない部分に当然行き着くわけですのでだんだんと切れなくなっていきます。










(裏スキ)


 裏スキとは文字通り刃の裏側をすく工程です。もっと簡単に言えばへこませます。これは刃を仕上げる時に大切な作業で、機械では出来ない作業です。職人としての技術や経験が必要とされる仕事です。

鋏の裏は断面図で見ると図1のように刃の裏側は真ん中がすかれていてへこんだ状態になっています。

裏すきをすることで樹液や木のヤニなどによって起る刃の開き詰まりを軽減します。





(刃先)

 手打ちの鋏は刃先が機械打ちとは違っています。通常、安い鋏は先が尖っています。

 しかし、植木鋏は普通の鋏、例えば、紙や布を切る鋏と違って、より強い力が必要とされます。以下の図2のような状態では刃がすぐにだめになります。

 しかし、兼進の手打ちの鋏は刃先をより強くするため、図3のように裏からも若干削っています。そうすることによって、強い刃に仕上がります。




 


刃の裏の加工

この鋏の刃の裏側には、溝があります。

この溝を作ることによって更に強度が増します。溝を作って、強度を増す方法は、鉄板や鉄棒などにも応用されています。

また、この溝は刃に葉や枝のかすがたまって、刃詰まりを起こさないようにもしています。

 



↓刃にカバーをつけてお送り致します。

 

 






 


 

       
▼クリーンメイト

刃物の錆(さび)、頑固な汚れを消しゴムで消すように簡単に落とせます。兼進のヒット商品の一つ
です。
 

 
▼刃物用椿油

天然の椿油です。刃物を使用した後、この椿油を少量つけて布でふいて置くと錆(さび)の防止になり
ます。
 

 
盆栽道具 クリーンメイト(錆び、樹液落とし) No.701   刃物用 椿油 100ml No.702  


 

 

 

 


本職用 手打ち刈込鋏 (兼進作) 白紙 180mm / 全長700mm / 960g  No.3452

前の商品 商品画像拡大表示 次の商品


販売価格
9,828円
 (税込・送料別・手数料別)
ポイント数
295 ポイント

購入数
 EA








おすすめ商品
本職用 手打ち仕上げ鋏 (兼進作) 300mm / 全長775mm / 1010g  No.1388
本職用 手打ち仕上げ鋏 (兼進作) 300mm / 全長775mm / 1010g No.1388
本職用 手打ち門型葉刈鋏 (兼進作) 白紙 210mm / 全長 820mm / 785g No.3455
本職用 手打ち門型葉刈鋏 (兼進作) 白紙 210mm / 全長 820mm / 785g No.3455
本職用 手打ち仕上げ鋏 (兼進作) 270mm / 全長610mm / 900g No.1387
本職用 手打ち仕上げ鋏 (兼進作) 270mm / 全長610mm / 900g No.1387
本職用 手打ち刈込鋏 (兼進作) 白紙 240mm / 全長810mm / 950g  No.3454
本職用 手打ち刈込鋏 (兼進作) 白紙 240mm / 全長810mm / 950g No.3454
本職用 手打ち仕上げ鋏 (兼進作) 240mm /  全長580mm / 820g No.1386
本職用 手打ち仕上げ鋏 (兼進作) 240mm / 全長580mm / 820g No.1386